JA秋田厚生連 かづの厚生病院

〒018-5201 秋田県鹿角市花輪字向畑18番地
(電話番号 / FAX番号はこちら

トップ - 臨床検査科

臨床検査科

 


臨床検査科の仕事

臨床検査科は検体検査(血液・尿などの検査)、生理検査(心電図・脳波・超音波検査など人体の検査)、病理検査(手術材料などからの診断に関わる検査)および輸血を担当する仕事です。

 


臨床検査科の体制

24時間体制で、検査データをいつでも迅速に報告できる検査室を心掛けています。

検体検査とは、血液・尿など体から採取したものを対象にする検査のことです。

採取した検体から、以下の部門に分かれた検査を行っていますので、簡単に説明します。

血液検査
血液中の細胞成分(赤血球・白血球・血小板)や、血漿成分についての検査を行う。
貧血・白血病・凝固異常などの診断に有用。
一般検査
主に尿・糞便などの体液から検査を行い、他に脳脊髄液・穿刺液(腹水・胸水)などがあります。
一般に採取しやすい尿などから広範囲の疾患を見つけることが出来る。
生化学検査
血清などを化学的に分析する検査です。肝臓・腎臓・膵臓などの異常から増減する酵素(AST・ALTなど)を測定する。
血中薬物濃度を測定し、投薬量の管理に役立てます。
血清検査
肝炎などの感染症やリウマチなどの疾患の診断のため、血清中の抗体などを調べる検査。
炎症の程度をみるCRPなどがこれにあたります。
輸血検査
血液型検査や輸血用血液が輸血可能か否かなどを調べる検査です。
輸血血液製剤の管理を行っています。
細菌検査
ある感染症がどのような微生物が原因で起こるかを調べ、さらに治療に有効な抗生物質の決定を行う検査です。
検査の結果によって状況を調べ、感染状況によって未然に院内感染を防ぐ事も仕事です。
病理検査
手術後の人体組織の顕微鏡観察標本を作成し、病気の原因や良悪性を組織学的に追求する検査です。
喀痰や尿などから悪性細胞を探し出す、細胞スクリーナー(2名)が診断に寄与しています。
生理検査
心電図など循環器機能検査、呼吸機能検査、脳波など脳神経機能検査を行い、超音波認定技師(2名)による、
超音波検査で肝臓や腎臓、心臓その他の体の臓器を観察する検査を行っています。
(超音波検査は人体に安全な検査法と言われています。)

医療機器

臨床検査科では、以下の測定機器と検査システムを駆使し、患者様にとって正確で安心の出来る検査データを迅速に提供し、

医師の診断に役立てるように日々努力しています。


血液検査
多項目自動血球分析装置(XE2100)
多項目自動血球分析装置(XT2000i)
全自動血液凝固測定装置(コアグレックCR800)
自動赤沈測定装置(モニターJプラス)
その他

多項目自動血球分析装置

生化学検査
全自動化学分析装置(H7700)
全自動化学分析装置(ラボスペクト003)
全自動電解質分析装置(EA06T)
全自動血糖測定装置(GA04)
グリコヘモグロビン分析計(HLC-723)
その他

全自動化学分析装置

免疫血清検査
全自動化学発光免疫測定装置(アーキテクト i-2000SR)

全自動化学発光免疫測定装置

一般検査
全自動尿中有形成分分析装置(UF-1000i)
全自動尿分析装置(US-3100+)
全自動便潜血免疫分析装置(OCセンサー)

全自動尿中有形成分分析装置

細菌検査
全自動血液培養検査装置(BACTEC9050)
全自動細菌同定感受性検査装置(WalkAway 40SI)

全自動細菌同定感受性検査装置

生理検査
多機能心電図(FX-7542)
超音波診断装置(XARIO XG)
その他

超音波診断装置

病理検査
自動染色装置(VARISTAIN 24-4)
病理検査システム(ライジンシャ)
その他

自動染色装置

スタッフ紹介

臨床検査スタッフは、検査技師12名と助手1名で行っています。

スタッフには、細胞スクリーナー2名・超音波認定技師2名が専門性の高い知識・技術で診療に寄与しています。

 


患者の皆様へ

患者様の検査結果など法律上直接お教えできませんが、検査そのものの内容など、疑問に思っている事など出来うる範囲で、

お答えできると思います。(お答え出来るか疑問な時は、後日となる可能性があります。)

 


最終更新日:平成23年3月22日 文責:臨床検査科

Copyright© Akitakenkouseiren. All right reserved.

このホームページにて配布しているPDFファイルは、Adobe Reader(無料)を使って閲覧することができます。